ビジネスで名刺は、絶対に手を抜いてはいけないアイテムです。
その理由がこちら。

 

第一印象でこころをつかむ

相手に持つ印象の93%が第一印象である、という実験結果があります。名刺は普通初対面の人に渡すので、こだわりのない名刺で良くない印象を与えてしまっては取り返しがつきません。

 

人は見た目で行動する

商品やサービスを購入するとき、購入する理由を探す前に、まず右脳が「これいいな!」と直感で決めています。その右脳に電波を送るのが、実はデザイン(見た目)の役目です。

 

名刺は会社のあり方そのもの

いくら立派な会社だと謳っても、名刺の質で会社のあり方が決定されてしまいます。知らない間に会社の評価を落とさないよう、しっかりとした名刺で相手の心をつかむことが重要です。

実験からの考察

いかに見た目が重要かこんな実験があります。ホームレス風の男性とスーツを着た男性が道端で倒れているのですが、それを見た人々の反応に違いが出ました。ホームレス風の男性が倒れていても、人々は見て見ぬふり。気持ち良いくらいの無反応です。一方で、スーツ姿の男性が倒れていると、すぐに人が心配して駆け寄りました。つまり人の行動は見た目で判断されているのです。

 

人の行動メカニズムからの考察

人がものを買ったりサービスを受けたりするとき、まず、「この服いいな!」って右脳が直感で決めています。そして、「そういえばこの色の服は持ってなかったから買ってもいいかな」と左脳で自分を納得させます。

 

最初から「今なら○○でさらにお得!」などのキャッチコピーをつけたところで売れないです。まずは、お客さんの「右脳」に「これ、欲しいかも!」という電波を送らなければなりません。これがデザインや見た目の役割です。

 

そのあとで、「今なら○○でさらにお得!」「今しか手に入らない限定商品!」などと伝えて、相手に「買う理由」を与えてあげると、人は物を買います。そのくらいデザインや見た目がお客さんに与える 印象は大きいです。結局のところ、デザインや見た目が不細工だったら売れないです。

 

人は見た目で判断します。

名刺をみて相手が「しっかりした感じだな」「おしゃれな感じだな」と右脳が直感で思ってもらう為に、名刺の見た目には気を使わなければいけないのです。このように第一印象や見た目は重要です。
これを機に名刺を一度見直してみてはどうでしょう。

ビジネスで名刺は、絶対に手を抜いてはいけないアイテムです。その理由がこちら。


第一印象でこころをつかむ

相手に持つ印象の93%が第一印象である、という実験結果があります。名刺は普通初対面の人に渡すので、こだわりのない名刺で良くない印象を与えてしまっては取り返しがつきません。


人は見た目で行動する

商品やサービスを購入するとき、購入する理由を探す前に、まず右脳が「これいいな!」と直感で決めています。その右脳に電波を送るのが、実はデザイン(見た目)の役目です。


名刺は会社のあり方そのもの

いくら立派な会社だと謳っても、名刺の質で会社のあり方が決定されてしまいます。知らない間に会社の評価を落とさないよう、しっかりとした名刺で相手の心をつかむことが重要です。


実験からの考察

いかに見た目が重要かこんな実験があります。ホームレス風の男性とスーツを着た男性が道端で倒れているのですが、それを見た人々の反応に違いが出ました。ホームレス風の男性が倒れていても、人々は見て見ぬふり。気持ち良いくらいの無反応です。一方で、スーツ姿の男性が倒れていると、すぐに人が心配して駆け寄りました。つまり人の行動は見た目で判断されているのです。


人の行動メカニズムからの考察

人がものを買ったりサービスを受けたりするとき、まず、「この服いいな!」って右脳が直感で決めています。そして、「そういえばこの色の服は持ってなかったから買ってもいいかな」と左脳で自分を納得させます。

最初から「今なら○○でさらにお得!」などのキャッチコピーをつけたところで売れないです。まずは、お客さんの「右脳」に「これ、欲しいかも!」という電波を送らなければなりません。これがデザインや見た目の役割です。

そのあとで、「今なら○○でさらにお得!」「今しか手に入らない限定商品!」などと伝えて、相手に「買う理由」を与えてあげると、人は物を買います。そのくらいデザインや見た目がお客さんに与える 印象は大きいです。結局のところ、デザインや見た目が不細工だったら売れないです。


人は見た目で判断します。

名刺をみて相手が「しっかりした感じだな」「おしゃれな感じだな」と右脳が直感で思ってもらう為に、名刺の見た目には気を使わなければいけないのです。このように第一印象や見た目は重要です。これを機に名刺を一度見直してみてはどうでしょう。